小江戸川越発リノベーション不動産 革命的賃貸管理会社

株式会社きづな住宅

 
049-245-4340
「家族で運営」だから責任と安心を!時には命にもかかわる不動産だから24時間対応です。 (笑顔で年中夢休!)

お電話は049-245-4340までお気軽におかけ下さい

絞り込み 検索ワードを+(半角プラス)で区切ってください
例) 三鷹+マンション
OR 検索ワードを,(半角コンマ)で区切ってください
例) 三鷹,マンション
株式会社きづな住宅 総合サイト
川越の夫婦の不動産 きづな住宅 YouTube チャンネル登録
川越まちなか専門【きづな住宅】Line始めました!ぜひお友達になってください!
地図から探す。川越周辺の賃貸不動産情報
川越周辺の物件を動画でご紹介
メールでお問い合わせはこちら
きづな住宅の過去のブログはこちら
川越まちなか夫婦通信

業者間通信ReQs
ドリームXクラウド
きづな住宅Facebook きづな住宅Twitter

川越まちなか夫婦通信

川越の暑い夏、夏は冷たい蕎麦が食べたくなる!2021/07/01

 

私は「蕎麦」というと100%冷たい蕎麦にします。蕎麦屋で暖かいものを食べたい時は

うどんにします。まあ、暑かろうと寒かろうと、蕎麦が食べたいから蕎麦屋に入るので、

私は基本、蕎麦屋では冷たいお蕎麦です。

 

川越に来た頃は、よく行くお蕎麦屋さんは4軒あったのですが、1つ2つ・・・

減っていき、考えたら、1つも残っておりません!

(ちなみに、旭町の長寿庵、八幡通りのときわ、まるひろ向かいの寿庵、岸町の加賀屋)

 

お蕎麦・・・無性に食べたくなるんですよねぇ。

特に、八幡通りの「ときわ」が閉店するときは寂しかったです。

大家さん兼店主さんだったので、こんなに美味しいお蕎麦屋さん、閉めちゃうのかぁと・・・。

 

しかし!閉店して数年を経て、違う店名ではありますが、この場所は「蕎麦屋」として

復活しました。それが、開店当時にテレビでもニュースで報道された旅行会社H.I.S.による蕎麦屋事業

「満天の秀そば」でした。

 

「満天の秀そば」ではもと「ときわ」の店主、大野のおばあちゃんが看板娘になっております。

それでも、開店当初は「ときわの味と違う」と言って、離れてしまったお客様もいたようですが、

なかなか収束しないコロナ禍による飲食店業界のピンチに、おばあちゃんの息子さんであり、

もと「ときわ」で蕎麦を出していたたろうさん(名前ではないが、たろうさんと呼ばれている)

が戻ってまいりました。

素材は違うでしょうから、「ときわ」の味ではないかもしれませんが、そこにはきっと気持ちが

入りますから、戻ってくるお客様、リピーターになるお客様も増えていくでしょう。

 

 

人気の天ざるです。

天ぷらも大きい!

 

 

感染対策も、こんな飾りがあると心が安らぎますね♪

 

 

たろさん、「満天の秀そば」バージョンです。

 

これから始まる暑い夏、

きづな住宅は「満天の秀そば」を応援しています。

 

川島綾子でした。

 

 

こだわり!売買情報
きづな住宅がチバTVに出演しました
ベラフローレ 玄関土間収納1SLDK【イタリアンデザイナーズマンション】
川越の自由が丘・クワンヴィレッジ
新サービス!最寄駅キーホルダープレゼント