• 全てチェック

【この建物が建築された経緯】

 

容積率いっぱいに、箱モノの、良くあるテナントビルを

創っても面白くない。

うんと良い方に刺激的で、人が見上げていくようなビルを創れば

人を惹きつける。

 

あぁ、あの素敵な建物のお店ですか!

そういわれるような建物を企画しました。

 

川越市神明町のイメージを更に良くすべく、

600坪の川越第一号ガソリンスタンドの跡地の開発を

大手商社とのコンペに勝利したきづな社長。

 

地元の理と、オーナーさんからの信頼を勝ち得、

600坪の一つの街造りをさせていただきました。

通り面の1角に、元オーナーさんの土地を残し、

「もともと商売をしていた土地、商売をする場所を提供したいな」

そんなオーナーの想いにお答えするべく、

バス分ではあるけれど、丸ノ内線や山手線の時刻表くらい

川越駅・本川越駅までのバスがある始発バス停

テゥルー地元川越民なら誰でも知る「神明町車庫」停。

その目の前に、通る人が見上げる、見惚れる、川越の自由が丘こと

クワンヴィレッジに「チームきづな」は命を吹き込んだのです。

 

 

 

 

 

本川越129,000
共益費
15,000円
徒歩時間
---
敷金
---
種類
店舗
礼金
1ヶ月
間取
---
まとめて見る | キープする
  • 全てチェック